スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く者の視点 仕事と風邪と病欠と(事務職の場合)

この時期、体調管理には特に気をつけて行きたいものです。
ひかないにこしたことはないけれども、ひくときはひいてしまう厄介者が風邪です。

さて、風邪をひいた時、あなたは仕事を休みますか?この手の問題には、様々な反応がありまして、例を取り上げますと…。
「休んで早いうちに回復させるのが一番!」という意見から、
「軽い症状のうちは仕事に行く。周りに迷惑がかかるから。」という意見
「いやいや、風邪をうつしたら周りに迷惑がかかるから、風邪ならくるな」等等。
職場や仕事の内容、上司や会社の考え方一つで休むかどうかの判断も左右されそうです。

中には…
「熱でも仕事をする」
「営業マンは特に、お客様を待たせている以上這ってでも仕事に行くべき」などという過激な意見もあります。

因に事務職である私は、風邪のなおりかけで出社して再発したという苦い経験があります。
そのため、自分なりの判断基準というものを一応設けて、それをもとに出社するかどうかを判断するようにしています。

【挽回できる仕事しかしていないとき】
判断→休む
・風邪のかかりまじめで定時退社・病欠して回復に専念する
・誰でもできるような仕事の場合は、代わりにやってもらう
・軽い症状でも「大丈夫だろう」という過大評価はしない

【どうしても休めない仕事のとき】
判断→出社
・薬とマスクで仕事をする
・仕事の内容も、機械的にできる単純な仕事なのか、人と折衝したり頭を使ったりしなければならない仕事なのかでケース分けをし、単純な仕事だけを行うようにする(間違いを防ぐため)
・上司や周囲と相談し、他の人にピンチヒッターをお願いする

また、普段からいざという時の為に、他の人が自分の仕事をできるようにOJTをしておくというのも一つの手でしょう。それによって、「休める仕事」と「休めない仕事」の分け方も大いに違ってきます。
病気とは関係ありませんが、冠婚葬祭で長期間会社を休むことになった場合でも、こうした考え方は重要です。春から働きはじめる方は、是非参考にしてみて下さい。

私の場合、仕事は良き人生を送る為の道具の一つでしかないので、「よし、休もう」となれば誰よりもスピード採決してしまうという背景もありますが…。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。