スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会の視点 主権の多様化・分散化と国家主権①

th-18.jpeg


 特定秘密保護法の制定と、全国で制定が進んでいる自治基本条例、また世界的に宗教や民族に基づいた権利意識の高まりは、「主権意識の多様化・分散化」の一過程と見るべきであるーーということを以前にも書いた。(社会の視点 特定秘密保護法批判の不思議③ http://taiyoubing722.blog.fc2.com/blog-entry-28.html)

 改めて、サンデルの議論を引用してみましょう。

「現代において、自己統治への希望は主権の移転ではなく分散にある。主権国家に代わりうる最も有望な選択肢は、人類の連帯にもとづく世界主義的コミュニティではなく、主権を分かち合う多様なコミュニティや政治団体である」(マイケル・サンデル 『公共哲学』ちくま学芸文庫、54頁、2012年第五刷

 ここで気になるのは、我々はこの「主権」を如何なる意味に受け取れば良いのかということだ。

 真に「国家主権」と同等のものとして「主権」をとらえるならば、既存の政治機構の否定を意味し、司法・行政・立法と民族や宗教が対等であるという意味になる。
 この場合、例えば今日の国家間に横たわる様々な問題に見られるように、お互い話し合いか武力をもってでしか事態を前進させられなくなり、司法作用による強制力は一切無効化してしまう。主権と主権が対等であるならば、私自身に対してその権力を使えるのは私自身だけであり、憲法・徴税権・あらゆる社会法規等誰からも拘束されなくなる代わりに、また自分も他人を拘束することができなくなるからだ。

 他方、地域主権強化を狙った道州制や自治基本条例といった議論は、「国家主権を前提とした主権論」として見た方がいのかもしれない。
 今日では、国家が持っている権力の移転や新しい人権の創出に市民運動や司法が関わっている場面が大変多いが、いずれにしても、これらは国家が前提になっているのが基本だからだ。国家主権があり、憲法があり、そうした「権利の源泉」があるからこそ、我々は様々な「権」を享受し、また生み出すことができているのである。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。