スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の視点 英語力は大切!ただし、技術的なの素養も抑えよう!!

th-15.jpeg

企業「国際化の時代に対応するため、英語力のある人を採用したい」
学生「大学では英語を勉強してきたから、英語を活かした仕事に就きたい」


というような声は、特別新しいものではありません。
講義の全てを英語にしたことで、就職率100%という驚異的な実績を持つに至った秋田県の国際教養大学は、まさしく時代が求めた大学だといえるでしょう。

しかし、「英語だけあればそれでいいのか?」という声も確かにあり、そうした人たちが言うには「英語を話す人なんて、日本国内だでもたくさんいる。世界的にも珍しいものではない。」ということらしいです。
またある人は、「英語だけ知っていても、自分がとびこむ業界の知識がないことには、仕事なんてできない」とも言います。

例えば、英語は文系・理系のくくりで言うと文系にあたりますが、製造業をはじめとして人・もの・金が国境を越えるような今日では、経営や技術的な話しが英語に置き換えられるようになってきており、理系の知識なしには対応できないようになってきています。

英語力があることは確かに大切なのですが、それだけではもう何にもならない時代が来ているといえます。

(これはある意味逆の事例ですが)台湾の友人と話しをしたときのことです。
彼は、「将来は日本で働きたい」と常々言っていました。
「日本で働く為には、TOEICと日本語の能力があればいいのか?」と聞いてきたのですが、私はこう答えました。
「会社の翻訳部門の人の話しなんだけど、大切なのは実力。テストで点がとれるかということじゃなくて、その知識が実用的なのかどうか。実際仕事をしてみて、経営や技術的なことを的確に表現できるか、人の考え方やものの見方に即した翻訳ができるかどうかが大切だよ。」と。

日本人は外に出る為に英語を求めますが、日本に来たがる人はそれと同様に日本語力を求めています。
全ての事例に当てはめることはできませんが、受け入れる側が「語学力だけではだめ」といっているのですから、それは当然、我々にも当てはまる言葉となるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。