スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の視点 文章力を上げよう!!

th-4.jpeg

「レポートを書いたんで、添削してもらえませんか?」

終礼間際、後輩にそう頼まれたので、早速コピーを見せてもらった。内容は詳しく言えないが、文法的に気がついた点を挙げると次のようになる。
・「〜が〜が」続きで「が」の役割がよくわからない。例:「〇〇についての会議が〇〇さんの話しがあったので、〜」

・、二文にわけるべき内容を一つにしてしまっているので、主語と述語が一致していない。例:「今回のプロジェクトで、〇〇さんは抱負を述べ、売上をのばすと会議できまった。」

・言葉の使い方が少しおかしい。例:「〇〇さん(←同じ会社の人)が訪問され、〜」


他にも何点か指摘したのだが、特におかしかったのがこの3点だ。
私自身、この3点のせいで文章がめちゃくちゃになってしまうことがよくある。後輩の文章に対して抱いた違和感は、自分自身に対してのものでもあったわけだ。

その後、後輩は無事にレポートの提出を終えたらしく、自分のデスクに戻ってきて「文章力つけなきゃなぁ…」とぼやいていた。

文章力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか?

私が学生時代からサラリーマンになるまでの間で学んだのは…
・縮訳する:要約と違い、文章で使用されている単語、出てくる話題や言葉の順番を変えることなく、圧縮すること
・外国語の文法構造をイメージする:「主語 + 述語 + 目的語」で考えた時、その文章の主語と述語は何かを考え、それに対して肉付けをしていく。それができれば、1番目と2番目のような「変な日本語」を避けることができる。

この2点でした。

後輩にも同じ話しをしたところ、「わかりました、それが僕の課題なのですね」と目を輝かせていたが、どんな方法を用いるにせよ、文章力は個人差が激しいことに変わりない。果たしてどこまで文章力が向上するのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。