fc2ブログ

社会の視点 「秘密保護法」批判の不思議

 衆議院で審議入りした「秘密保護法」案。この法案の概要は、外相や防衛相らによって指定された特定秘密(防衛・外交・スパイ活動防止・テロ防止)の利用者を制限し、また情報漏洩を行った公務員への罰則を強化することを目的としたものです。
 情報漏洩を行ったものへの処罰規定は今でも別の法律に記載されていますが、今回は秘密の対象を防衛や外交に限らず「国の安全保障に著しい支障を与える恐れがある情報」に広げ、一律に最高十年の懲役を科している点が異なります。(東京新聞10月4日)

 毎日のように「知る権利の侵害だ」「秘密の範囲が際限なく拡大されてしまう」などと批判的報道がなされていますが、私はこうした批判が不思議でなりません。それは、以下のようなことが言えるのではないかと思うからです(ただし、私は法律の専門家ではないので、内容の正確さは保証できませんが)。

不思議その1 憲法裁判所の設立を求めてみては?
 通常、裁判所の役割は具体的な係争に対して法的決着をつけることです。しかし、憲法裁判所は具体的係争とは関係なく、法律やその解釈そのものが合憲か違憲かを判断することができます。
 日本には憲法裁判所はなく、何らかの係争(例えば、嫡出子と非嫡出子との間で、相続差別があることを争った例)があったときに、付随的に違憲か否かを判断することしかできません。
 国家機密というものが世の中に存在することは否定しようがありません。日本はもともと、他の先進国と比べて秘密の保全に対して法律も罰則も弱かったわけですから、秘密保護法の制定は寧ろ「おそ過ぎる」ことになります。
 その為、法制定の動きは当然であるにしても、同時に国民の権利をより強化することを考えなければ、健全な法治国家とは言えないのではないでしょうか。その際の必要な作用として、憲法裁判所を設立し、特定秘密指定解除(延長)のタイミングにでも、其の当否を決してみてはどうでしょうか。

不思議その2 「スパイ天国日本」の嘆きはどこへ言った?
 以前から、日本にはスパイ防止のための法律がなく、スパイ天国状態であるということは度々指摘されてきました。その結果として、北朝鮮による拉致事件の発生を抑止できなかっただけではなく、日本人に成り済ました工作員への対処が困難であったという状況がありました。そういえば、電気製品が集中する秋葉原では、かつて朝鮮系の人々が暗躍していたらしいですが、今はどうなのでしょうか。
 北朝鮮による拉致が連日テレビを賑わせていた頃、同時に工作員が日本でどれだけ活動をしていたかという報道も連日のようにされていました。
 これらの報道を一言で言うと、「やられたい放題」。どれだけ日本は諸外国から馬鹿にされていたのか、この時初めて世論がそうした事実を目の当たりにしたのです。
 そうであれば、この「やられたい放題」から抜け出す為には、何らかの手だてを考えなければならないはずなのですが、今回の「秘密保護法」とスパイ活動の結びつきの議論を取り上げるマスコミは全くありません。もしかしたら、どこかにこうしたことを議論している識者や議員がいるかもしれません。是非、そうした人を探り出してほしいものです。
 とはいえ、スパイ防止法が制定できないならば、少なくとも「秘密保護法」のようなもので代用するしかないでしょう。

不思議その3 「知る権利」の侵害か?追求者の力量不足か?
 「知る権利」と皆口々に言いますが、そもそもこの権利が完璧に行使されたことはあるのでしょうか?
 夕方の報道番組を見てみると、どこかの行政から得た文章は必ず重要なところが黒塗りにされており、「これで情報公開といえるのか?」状態。また、国会の質疑応答を見てみれば「記憶にございません」「見解の相違」「秘書がしたこと」などのマジックワードのオンパレードで、「秘密保護法なんて、なくてもいけるじゃないか!!」と私は思うのですが。
 また、行政を追求する方にも問題があります。民主党政権の時代、鳩山元首相が「沖縄米軍基地問題の解決」と言った際、小泉進次郎議員が「解決とは、どのような状態のときか」と正したシーンがありました。テレビのコメンテーターは、「ディベート力がある」と持ち上げていましたが、そもそもこうした「曖昧さを許さない」姿勢が問題点を暴くのであって、それが追求者の側には足りないのではないでしょうか。
 マスコミや野党には、そうしたものの総括も是非行ってほしいものです。「知る権利」を「なまくら刀」にしているのは、彼らなのですから。

 以上、ざっと3つ挙げましたが、考えれば考える程まだまだ出てきそうなので、今日はこのへんで。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: