fc2ブログ

社会の視点 民主党の細野さんは党を立て直せるのか?

民主党の細野豪志前幹事長は30日、岐阜市内で講演し、日本維新の会の松野頼久幹事長代行やみんなの党の江田憲司前幹事長らとともに来月設立する超党派の勉強会について、「新党じゃないかという記事が出ていてご心配の向きがあるが、ご安心ください。私は民主党を立て直します」と述べ、新党結成に向けた動きとの見方を否定した」(11月30日 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131130-OYT1T00575.htm?from=ylist)

 安倍政権を誕生させた衆議院選挙から、およそ1年。「アベノミクス」の3本の矢が効いてきたのか、日経平均株価は1万5千円台と年初の1万3百円台から5千円も上昇している。消費者物価指数も上昇しており、一見すると経済が好転してきているように感じられるが、そもそもの賃金は未だ上昇の兆しが見えず、物価指数上昇も円安による輸入価格上昇によるところが大きい。その為、今日の経済状況は、本格的な景気回復とまでは言えないだろう。

 とはいえ、そうした勢いに押され、(見かけさえも)経済回復を実現させられなかった民主党にとって厳しい状況であることに変わりない。
 09年の選挙では、マニュフェストに聞こえの良い政策を羅列し、「消費税は増税しません」と断言したまではよかったのだが、その後一転して「増税します」と宣言。加えて東日本大震災という未曾有の大災害に適切な対処ができず、「日本で一番復興の足を引っ張っているのは民主党政権」という情けない姿を内外にさらしてしまった。外交面もガタガタで、尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件に弱腰で対応し、沖縄米軍基地移設問題を迷走させ、韓国大統領の竹島上陸を阻止できなかった。当然の結果として支持率は低下の一途をたどり、野田政権時には20%を割り込んでしまったのだ。
 
 当時から言われていたが、民主党は「反自民」でまとまっている節があった。自民党が保守、つまりは右寄りな姿勢という確固たる思想的価値観があった一方で、党員の思想がバラバラな民主党は積極的な政策を打ち出すことができず、結果として、「国民の生活が第一」という意味不明なスローガンを掲げることしかできなかった。「生活が第二」なんて政党、そもそも存在するのか?
 敵がいる間はよかったが、敵がいなくなりいざ自らが「作る側」になると、自民を攻撃していた時よりも多大な労力と知識と知恵、そして権力を動かす思想が重要であったと気がついたときには時既に遅し、「ルーピー鳩山」の出現、「空き缶内閣」という最悪のタイミングでの大震災と続く。

 こうして見てみると、民主党の敗因は、やはり「国を動かす思想」面で自民に負けていたという点につきるだろう
 自民は、天皇制保守を掲げ、経済政策も諸外国のお手本に乗っかり、思想全般的に「日本の価値観を守る」というわかりやすいスタンスがある。我々は、日本的なるものが如何なるものか、又自民党時代の生活がどのようなものだったのかが分かっているため、自然に自民の政策を受け入れることができた(自民側の巧みな宣伝もあったろうが)。
 対する民主党には、そうしたものがない。あくまでも「反自民」ありきの結束しかないのだ

 自民党の最大の弱点は、保守政策そのものにある
 個人の権利が拡大し、世界的にも人権意識の高まり、主権意識の高まりが起こり、上からはボーダレス化、下からは民主化の流れが激しくなってきている。保守政策は、国民に「公共秩序・財産の一部であることを強いる」という点で、今日的な流れと矛盾しており、民主党はそこを突き国民にPRすることができれば、支持を得られる可能性がある。
 とはいえ、今の日本人は東アジアにおいて根本的な危機に直面している。
 中韓の「我々は被害者だ」という叫びは、「我々は謝罪した!!被害者面して日本を陥れたいんだろ!!」という感情に結びつきつつあり、また彼らの過剰な自信による高慢な態度がそうした事情に拍車をかけている。
 民主党は、そうした国際的な潮流と東アジアの事態の中で調整をかけつつ、保守政策の根本矛盾をついていかなければならない。
スポンサーサイト



オススメ!!世界をおっきく小さくする読書

カテゴリ
プロフィール

FC2USER090356QPW

Author:FC2USER090356QPW
閲覧いただき、ありがとうございます。

当ブログは、「人生を味わい深いものにするためには、どんな情報や発想、知識が求められるのか」という疑問を元に、仕事、時事問題、国内外の旅行、教養といった分野からヒントをもらっていこうというのが主旨となっています。
また、英語での日本情報発信(主に私の英語の練習のためですけど)も行っていますので、「この英語、変じゃない?」という指摘も送って下さると助かります。

他に、仕事や旅行、生活を充実させるためのちょっとした情報もアップしていくので、どうぞ楽しんでいって下さい。

最新記事
仕事に役立つ情報を得る
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター!
ご了承事項
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: